芝生のお手入れ|魅力的なガーデニング用品でベランダや庭をイメチェン

芝生のお手入れ

芝生

庭に芝生を植えているという人は多くいますが、手入れ方法がイマイチわからず困ってしまうことも多いでしょう。特に芝生は他の植物と比べて、手入れを放置すると雑草が生えたり、芝が部分的にはげたりすることがあります。日当たりや排水によって、芝生の状態は変わってくるため、こまめに管理が必要になるのです。そのため、芝生の扱いは難しそうなイメージがありますが、コツをつかめば誰でも簡単にできるようになります。まず、きれいな芝生を維持するためには、芝刈りを定期的に行なうことが大切です。伸び具合を見て芝刈りを行なう人が多くいますが、一気に伸びた部分を切ると仕上がりがおかしくなります。そのため、2~3週間に1回のペースで芝刈りは行ないましょう。芝刈りする際は、芝刈り機を使用することがありますが、芝生の面積が少ない場合には、芝刈りばさみなど用いても良いでしょう。芝生は意外に繊細な植物なので、時期に合わせて適切な量の水やりをすることが肝心です。春は水をあげて過ぎると水ぐされする場合があるので、3~4日に1回のペースで行ないましょう。夏場は芝生の水分がなくなりやすいため、毎日水やりをする必要があります。このときにシャワー状で水をかけていくため、スプリンクラーを使うと良いでしょう。
これ以外にも芝生の手入れには、肥料をあげる役割のある目土入れや除草が挙げられます。特に除草は、芝生の生育を促すために必要なことです。こまめに芝を確認して、雑草が生えて入れば手で抜いてあげましょう。